夜学バー "brat"






更新履歴
●2019/07/06 「ジャーナル」第二期開始
●2019/06/25 テキスト更新、「あらためて、夜学バーとは;はじめてのかたと、ごぶさたのかたに」
●2019/03/18 テキスト更新、「『常連』という概念について」
●2018/12/31 テキスト更新、「子どもの匂い/窓をあけておく」
●2018/09/29 テキスト更新、「思想をあらわすほんの一言」
●2018/09/16 「ジャーナル」をどこかに追加
●2018/08/28 TOP更新(ツイッターアカウントロックを受けて)
●2018/07/06 staff更新
●2018/07/04 このテキストエリア開設、トップページやや改装、text更新(3.16付け記事をいまさら)



<12月のスケジュール>
●夜の部
【10火】17-24soudai
【11水】17-25j
【12木】17-24j・i
【13金】17-25j
【14土】17-25j
【15日】17-25j
【16月】17-24soudai
【17火】1830-24あすか
【18水】17-25j
【19木】17-24j・i
【20金】17-25j
【21土】17-25j
【22日】17-25j
【23月】17-24soudai
【24火】17-25j
【25水】17-25j

●昼の部【11、18、25水】13-17さ
●21昼鈴木先生、22昼星読

※店主j著『小学校には、バーくらいある』(尾崎昂臣、まなび文庫)1200円で販売中。小学校の中にあるバーに六年生の女の子が通う……場の児童小説。
※『鈴木先生』精読会は12月21日(土)1430開場
※『星読ゼミ』は12月22日(日)13時開場
※次回庚申は1月18日(土)、朝まで営業
 60日に一度めぐってくる「庚申」の日は眠ると縁起がよくないため、夜を徹してお話などをする風習が千数百年前から続いています
※先々の予定は変更の可能性あり、お確かめを


●行事

【12.21土昼】
武富健治『鈴木先生』精読会(9巻「生徒会選挙‼︎」)
14時半開場/15時〜17時
千円、お茶つき。予約不要。途中入退室どうぞ。
お酒や珈琲等も飲めます。
朗読ではありません。それぞれ黙読しながら思ったこと、考えたことなどを伝え合ったり、疑問点や気になることについて話す会です。初めての方、しばらく間が開いている方のご参加、切にお待ちしております。
当日はできるだけ単行本(電子書籍や記憶も可)をご持参ください。
◎17時以降は通常営業です。

【12.22日昼】
浅羽通明の星読ゼミナール:課題図書は星新一「薬草の栽培法」「ああ吉良家の忠臣」(新潮文庫『殿さまの日』orポプラ文庫『星新一時代小説集 人の巻』)
13時開場、13時半〜16時半 この会のみ要予約
参加費は1500円+1ドリンク、「奨学生」は500円引。18時ごろより通常営業。
☆別会場「本と珈琲あひる社 絵本の国支部」でも開催、お問い合わせを。
→asabami@piko.to


●夜学バーとは(簡易版)
年中無休。夜は催事なく、いつも通常営業です。
台東区上野2-4-3「池之端すきやビル」3F-1

・最寄駅:
千代田線「湯島」
大江戸線「上野御徒町」
銀座線「上野広小路」
JRほか「御徒町」「上野」

・木戸銭(席料):
千円、奨学生は五百円

・ドリンク五百円から
無料〜三百円の特別ボトルあり
その他貧者にやさしい制度あり
コーヒー、紅茶、緑茶、ほうじ茶、甘酒あり
アルコールは意外と脇役です

時おり「一人でも大丈夫ですか」とたずねられますが、ぜひとも一人で、何気なくいらっしゃいませ。もちろんお誘い合わせても。
詳しくはHPをご熟読ください


●人員と毎週のスケジュールについて

「日替わりで担当が違うんですか?」とよくたずねられます。週に4〜5日くらいは店主(j)が立つようにしておりますが、あとの数日は「夜学バーの店づくりを理解してくれている人」にお手伝いしてもらっています。至らぬ点もあるかもしれませんが、みなで学びあってよりよい場をつくっていきたいと思っています。

◎Jacky(j、尾崎):水木金土日など/店づくり、サイトの文章など担当。一度はぜひ。
◎小津:第1月曜
◎soudai:第2〜5月曜
◎あすか:火曜(18時半〜)
◎i:木曜(20時頃〜)
◎はる/sue/k/ちか/かりん:不定期に出現。
◎さちあき:水曜13〜17時


●尾崎昂臣『小学校には、バーくらいある』販売中。196ページ、1200円。児童書です。「児童向け」ではなく、小学生くらいの年齢より上なら誰にでもお楽しみいただけると思います。教員としての経験と、バーに立つ人間としての経験をあわせて書きました。ほかのどこにもない、何にも似ていない作品になっているはずです。もちろん、お店で座って読んでいただいても。ちいさなバーで読むとひとしお、かもしれません。








夜学バーbratは、東京の「湯島」にあります。
上野駅や御徒町駅の近くです。
 → 行き方(別ページ)

夜はバー、昼はランチとサロン。
週末は催しをおこなうこともあります。
詳しくは
 → スケジュール
 → 各部:「」「」「週末
   夜の奨学制度

※左上の≡を押すと、メニューを一望できます。
コンセプトなどは → テキスト群 スタッフ


 






スケジュール



予定の文字を押すと、詳細が表示されます。

※カレンダーが見づらい場合は、右上の「予定リスト」をためしてみてください。
また、「予定リスト」から見ると、大きなウィンドウで詳細を読むことができます。
予定リストから元に戻らない場合は、すみませんがもう一度……。






<夜>

バー営業です。担当者や開店・閉店時間等はカレンダーまたはTwitterの固定ツイート(こちらが最新)からご確認ください。


《料金》


・木戸銭 1000円

入場料のことです。一般に席料やチャージと呼ばれるものです。
来店時にお出しするおしぼりやちょっとしたおつまみなど、饗応のためのお代にあたります。
ここに、飲食料金等を足したものが「お勘定」です。
税込です。




《メニュー》


・ドリンク … 500円~
・フード … おかし程度のおつまみは無料、原則無限。有料の食べものはその日にあるものを。例:カレー、ナポリタン、ソーセージ 等

その他、「夜学バー」ならではの、飲食以外のメニューを検討中です。

(準備中。たとえば漢字ドリルや計算ドリル、けん玉、絵本の読み聞かせ、ミニ講義など、多種多様に成長させていきたいです。)











《独自の奨学制度》


 上記「詳細説明」では、夜学バーが決して「高い」お店ではないとアピールしました。しかし、それでも「厳しい」と感じる人は多いはずです。
 夜学バーは、「お金がないけど、学びたい」という人のため、独自の奨学制度を各種用意しています。
 貧乏な人、若い人は、「高い。行けない」でサイトを閉じる前に、詳細をお読みいただけたら幸いです。

◎「奨学生」の定義……年齢、身分、収入、資産などの事情により経済的に豊かでないと認められ、「学び」に対して真摯かつ誠実に取り組む姿勢のある者。詳しくは店頭でおたずねください。

」「週末」 







<昼>

ランチ・サロン営業(サチアキ店長)

11:00~17:00(火・水・木)
(開店日・時間の詳細はカレンダーをご覧ください)

お食事(カレーなど、日替わり)や
コーヒー、紅茶などのドリンクをご用意しています。
お酒を飲むこともできます。
「夜はちょっと」という方は、まずは昼から、いかがでしょうか。
17時をすぎるまで、木戸銭はいただきません。

」「週末」 







<週末>

基本的には土日も夜はバー営業をしています。
ただし、月に数度は催しを開いていることもありますので、念のためカレンダーなどでご確認ください。

」「」 







サイト担当・夜の番頭:夜野まなび(ジャッキー)./昼の管理人:幸秋(さちあき)